寄生虫によって起こる被害|犬の寄生虫対策!レボリューションで駆除・予防出来る!

犬の寄生虫対策!レボリューションで駆除・予防出来る!

寄生虫によって起こる被害

青いさらに入っている数個の錠剤

犬は、「ノミ」「ダニ」によって健康を害されることがあります。
実際、どのような症状を起こすのか知らない人も多いと思うので、一つずつ症状を紹介していきたいと思います。
まず「ノミ」ですが、ノミは犬に最も多く寄生する寄生虫です。
ノミは犬や猫などの毛のある動物に住み着き、その動物の血を吸って生きていきます。
血を吸われることによって痒みを引き起こし、皮膚炎を発症してしまいます。
鋭い爪で掻いてしまうことで皮膚を傷つけ、そこから菌が侵入し別の病気を発症する、というような危険性もあります。
また、子犬や子猫など血液の少ない状態のときにノミに吸血されると、貧血を起こすこともあるのです。
免疫力がもともと低い場合にはアレルギーを引き起こしてしまい、発疹や脱毛などにも繋がります。
次に「ダニ」です。
ダニは種類が多く、犬に寄生するものとしてはマダニ、耳ダニ、ニキビダニ、ヒゼンダニがあります。
ダニは住居に必ずしもいるものなので、一匹残らず駆除するということは不可能です。
これらのダニによって、痒みや貧血、皮膚炎、外耳炎、脱毛を引き起こします。
最悪の場合には気管支肺炎を発症し、死に至る場合もあるのです。
ダニと聞いてもそんなに危険なものではないと思われがちですが、体の小さい犬にはかなり深刻なものなのです。

これらの寄生虫は完全に駆除することは不可能なので、レボリューションを滴下してあげるのです。
駆除できないなら、予防すれば良いのです。
経口薬が苦手な犬でもきちんと駆除・予防できるのでご安心下さい。

↑ PAGE TOP